FC2ブログ
コメントは受け付けていません。

comment for 3/7 I LOVE





 
カエルをクリックすると投稿できます。
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

3/7 I LOVE

みんな、こないだ2/4のケンミンSHOW見たかい?
見たよね、見てないなんて言わないよね?!

だって…今回の東 京一郎・はるみの転勤先は「佐賀」なんだよ!!

連続転勤ドラマ 辞令は突然に…

一大事につき、地元大好きっ子の私が解説します。
Vol.38「佐賀県・前編」
今回紹介されたのは…
*稲荷ようかん
*や~らしい!?
*玉屋
*地元産食材の宝庫
*有田焼

「稲荷ようかん」
鹿島市の祐徳稲荷神社で売られている名物土産。
私は鹿島に縁のない人間なんで、実物を見たことはないが…佐賀は羊羹だらけです。
もともと城下町&(出島や貿易港のある長崎直通の)長崎街道が通っている、ということで。
材料(特に砂糖!)も手に入りやすく、需要もあり、昔から和菓子が発展している佐賀。老舗和菓子屋さんがたくさんあり、各菓子屋が羊羹を生産していて、おばあちゃんちの仏壇には大概羊羹があがっている。
手土産も和菓子の方が、いまだにポピュラーかもしれない…くらい。

特に小城羊羹(昔ようかん)が絶対美味しい!
羊羹の周りが結晶化して、サクサクとした食感が素晴らしいです。しかも上品な甘さ。
個人的には、小さい頃から「八頭司」という和菓子屋さんの昔ようかんが大好き。うますぎる。

余談だが。
同じく佐賀銘菓(元々祝菓子)の丸ぼうろは、長崎のカステラの流れを汲んでると言われています。

佐賀へお越しの際は、是非和菓子を堪能あれ☆

「や~らしい!?」
佐賀の方言は、古語に近い。(高校の国語の先生談)
やーらしかねー=かわいいねー です。
小さい子供や動物などの”かわいい”に対して使います。
このネタは私の周りでは、佐賀弁の難解さを表すのによく使われるネタです。
まぁ、番組中で言われたように、高齢の方が主に使いますが。

ただ、私たち世代でも、ばあちゃんたちとしゃべってると、つられてバリバリの佐賀弁になりますね。
「徒然(とぜん)なか」「よかよ」「とっとっと」「どがんしよっね?」「なんばせんばと?」
ちなみに「がばい」は、今で言う「めっちゃ!」に近いニュアンスだと思います。
本当に美味しい時、「がばいうまかー!!」って言いたくなる。
あと、むやみやたらに語尾に「~ばい」と付ければ佐賀弁になると思われがちですが、違います

方言じゃないけど、佐賀の田舎体質を表すネタとして。「電車」のことを、うっかり「汽車」って言います(笑)

「玉屋」
佐賀唯一のデパート!母とよく行きました。
ポンパドウルは4年くらい前に出来たと思う。それまで福岡にしかなかったし、好きなパン屋だったから、出来てうれしかった記憶がある。

紙袋のデザインが高島屋と同じなのは、最初知った時びっくりしたなー。
小学校の時かな?東京に遊び行った時だったかな?
「なんでみんな(佐賀にしかない)玉屋の紙袋持ってるんだろう???」
と思ってたら、高島屋の袋だったっていう(笑)

愛すべき昔ながらのデパートです。
今年は元旦初売りしてなかったなぁ・・・しょぼーん。

「地元産食材の宝庫」
ほんと、佐賀は美味しいものばっかり!!
九州は各県名品名産がたくさんあるが、佐賀は農・畜・水すべて揃ってるから!!
ヒノヒカリ・もち米(生産量日本一)・さちのか苺・野菜全般・佐賀牛・三瀬鶏・呼子のイカ・竹崎がに・くちぞこ…あげたらきりがない!!

あと、県内でそれらを安く買えるのも、いいところです。
佐賀牛なんて、フツーに手が届く金額から売ってるから、母親に頼んで、たまにまとめて送ってもらうもん。
もちろん正月とか、晴れの日には最高級を食べたりもするけどさ。
佐賀牛最高!!
他県の人が「高級すぎて、地元の名産品を食べたことない」って言ってる中、佐賀は良心的だと思いますよ。ありがたい。

ぶっちゃけ、それだけ農協が強いってことなんだろうけどね(汗)

「有田焼」
佐賀は超有名な窯元がいっぱい。
有田だけでなく、伊万里、唐津などあります。
ピンからキリまで、たくさんの焼き物に接する機会があったお陰で、見ればだいたいの焼き物の善し悪しがわかります。
特に田舎は自分家で宴会をするので、窯元の大皿小皿を大量に所有している所が多いです。実家や親戚宅も、食器棚が2~3つあります。デイリー用と晴れの日用。
柿右衛門の鉢とか、よく使います。

実家でデイリーで使う食器も、殆ど有田焼。
B級品やキズものが安く手に入るし、近いから陶器市や窯元に直接買い付けに行けるから、デイリー食器が有田焼のお家はそんなに珍しくないです。
てか、デパートで売られてるのが割増すぎなんだよ。
窯元で1000円で買ったマグカップが1800円で売られてるのを見ると、佐賀人でよかったなーと思います。

「小学校の給食の食器が有田焼」ってのは、ちょうど私たちの世代で始まり、下の世代から広まった。
私自身はアルミの食器で給食を食べてました。
セラミックの技術を生かした有田焼。給食に耐えうる強化食器が使われているらしいですね。
でも、割れることもあるので、物を大切に扱う勉強になる狙いもあるらしい。
ちなみに、当時の小学校の教科書に、セラミック製の人工骨なんてのも作っていると、佐賀の産業の紹介で書いてあった。
びば☆有田焼

さぁ、来週のケンミンSHOWでは後編が放送されます!
楽しみだ!!
スポンサーサイト
category : 余裕のある日  comment : 0  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。